Linux

パソコンを軽くしたい!Linux Mintを導入してみよう

更新日:

「もうすこしパソコンが軽かったら・・・」

「こんなに重かったらまともに作業できない・・・」

このような悩みを解決します。

Linux Mintをパソコンに導入するとサクサクになりますよ。

それでは、さっそくいきましょう。

Linux Mintについて

まずLinux Mintの説明からしますね。

そんなの良いから早く導入したい!という方はこちらから飛べます。

オペレーションシステム(OS)

LinuxはOSの1つです。

オペレーションシステム(OS):パソコンを制御する核となるソフトウェア

つまり、OSを変更すると全体のデザイン、構造、操作、使えるソフトなども変わります。

OSの種類はWindows,Mac、Linuxの3つがあります。

Linuxはプログラムが公開されており、プロジェクトの協力者が開発しています。

そのため、Linuxはほとんどが無料で使うことができます。WindowsとMacは有料です。

Linuxにはたくさんの種類があり、有名なLinuxの種類は以下の通り。

  • Ubuntu
  • Mint
  • Cent OS
  • Wine

Linuxはパソコンよりも、サーバーや家電によく使われています。

Linux Mintの種類

Linux Mintにはさらに種類が3つあります。

  • Cinnamon(シナモン)
  • MATE(マテ)
  • Xfce(エックスエフシーイー)

※Cinammonは高機能な種類で、重たい傾向にあります。

上記のとおり。
パソコンを軽くするならMATEかXfceを導入しましょう。

必要スペックは以下の通り(LinuxMint公式ブログより引用)。

System requirements(動作スペック):

❍1GB RAM (2GB recommended for a comfortable usage).
❍15GB of disk space (20GB recommended).
❍1024×768 resolution (on lower resolutions, press ALT to drag windows with the mouse if they don’t fit in the screen).

出典:Linux Mint 19.3 “Tricia” MATE released! – The Linux Mint Blog

System requirements(動作スペック):

❍1GB RAM (2GB recommended for a comfortable usage).
❍15GB of disk space (20GB recommended).
❍1024×768 resolution (on lower resolutions, press ALT to drag windows with the mouse if they don’t fit in the screen).

出典:Linux Mint 19.3 “Tricia” Xfce released! – The Linux Mint Blog

つまり、MATEとXfceの必要スペックは同じですね。翻訳すると下記になります。

必要スペック

  • メモリ:1GB(快適動作には2GB推奨)
  • 外付けメモリ:15GBの空き(20GB推奨)
  • 解像度:1024×768

低スペックでも上記なら余裕です。

スペックが足りない場合は諦めてください。。。

LinuxMintを使うメリット

メリットは以下の通り。

  • 軽い
  • 長期サポート
  • 充実したソフト

ひとつずつ説明していきます。

軽い!低スペでもサクサク

僕はWindows10からMint MATEに変えており、比較がこちら。

Windows10 ➔ Linux Mint MATE

  • 起動時間 : 3分 ➔ 40秒
  • クリック反応 : 15秒 ➔ 3秒

上記の通りです。

あきらかに動作が速くなっています。

ちなみに、僕のパソコン構成は以下の通りです。

  • 機種名 : NEC LAVIE S
  • 型番 : PC-LS150MSB
  • CPU : Intel(R) Celeron 1000M 1.80GHz 2 Core
  • RAM : 8GB
  • HDD : 512GB

長期のサポート

サポート期間(2019年12月現在)
LinuxMint 19.3 : 2023年まで

つまり、2023年までアップデートされます。
Win XPやWin 7のようにサポートが切れないので安心です。

19.4版が出ればサポート期間はさらに伸びます。
Linux Mintは人気なので今後も更新され続けるでしょう。

充実したソフト

「軽いのはそれなりに機能が制限されるから」と思うかもです。
ですがMintではたくさんのソフトが使えます。

以下は僕がよく使うソフト。

  • Firefox(ブラウザ)
  • chrome(ドキュメント、スプレッドシート)
  • VSCode(プログラミング)
  • LibreOffice(スライドで画像編集)

特にChromeはブラウザですが、オフィスソフトとして便利です。

よく使うオフィスソフトがこちら

  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Keep(メモ)

個人で使うなら十分な機能がついています。

機能が足りなかったり、互換性の問題で事務作業や提出書類の作成には使えないかもです。

MicrosoftのオフィスアプリもWeb上で使用できます。ただ、インストール版は使えません。

LinuxMintのデメリット

以下の通り

  • Microsoftオフィスが使えない
  • ターミナル操作

Microsoftオフィスが使えない

LinuxではMicrosoftオフィスが使えません。

つまり、Word、Excel、PowerPointなど使用不可。

必要な場合はWindowsかMacで使うしかありません。

ただ、個人の作業程度なら代わりとなるオフィスソフトはあるので、問題なしです。

代わりのソフトがこちら。

  • googleドキュメント、googleスプレッドシート、googleスライド
  • Libre Office
  • WPS Office(Linuxのみ無料)
  • Microsoft Office Online
  • ※すべて無料です

わりとオフィスソフトは充実してます。

実はオフィスソフトに限らず、Windows純正ソフトは全て使えませんが、同じように代わりのソフトがあるので、問題なし。

ターミナル操作

Linuxではターミナルを使う場面があります。

ターミナル:Windowsでいうコマンドプロンプト。キーボードのみで操作する。

ですが、Linux MintではUIが充実しており、ターミナルはほとんど使わなくても問題なしです。

僕は一年ほどLinux Mint MATEを使用していますが、ターミナルを使う必要があったのは以下くらいです。

  • ソフトのインストール
  • 特別な設定の変更

とはいえ、ググってコピペするだけなのでターミナルについて覚える必要なしです。

Linux Mintを導入する

必要なものは以下のとおり。

  • PC(必要スペックを満たすもの)
  • DVDまたはUSB(5GB以上)

※USBメモリだとDVDより速くインストールできます。

さっそくはじめましょう。

参考動画

LinuxMintのダウンロード

※USBメモリだとDVDよりも速くインストールできます。

  • ページ下部にCinnamon、MATE、Xfceの欄があります。
  • パソコンが32bitか64bitなのか確認し、合う方をクリック。
  • ダウンロードしたい好きなサーバーを選びます。2019年12月現在では日本は選択不可。
  • ファイルをダウンロードします。
  • USBメモリかDVDにダウンロードファイルを書き込みします。

USBメモリ・DVDのデータはバックアップしましょう。書き込みでメモリのデータは上書きされます。

参考動画(USBメモリに書き込む場合)

LinuxMintのインストール

インストール前にパソコンのバックアップを取りましょう。

失敗して、パソコンのデータが消えるかもです。。。

大事なデータを守るためバックアップは忘れずに。

インストールまでの流れは以下。

  • isoファイルの起動
  • 言語設定
  • インストール設定
  • Linux Mintの起動

isoファイルの起動

  • 起動ソフト(BIOS)を使用します。

BIOSの起動にはパソコン起動後すぐに「F1」~「F12」のいずれかを押すことが多いです。BIOSの起動法がわからないときは、パソコンの取説書を参照してください。

  • BIOSで起動場所を選択します。
  • USBメモリ ➔ USBPortを選択
  • DVD ➔ DVD/CDを選択
  • USBメモリ・DVD上のLinux Mintが起動します。
  • デスクトップ上の「Linux Mint Install」をダブルクリック。

言語設定

  • 「日本語」を選択し、「続ける」をクリック。
  • キーボードレイアウトの設定はそのままにして次へ。
  • wifiの設定をします。有線接続していると表示されません。
  • 「グラフィックス、wifi機器、Flash、MP3やその他のメディアに必要なサードパーティソフトウェアをインストールする」をチェックし次へ。

インストール設定

  • 「ディスクを削除してLinuxMintをインストール」では前のOSを含めデータを消してLinux Mintをインストールします。
  • 「それ以外」を選ぶと、前のデータを残してインストールします。

「それ以外」では、前のOSとLinux Mintをパソコン起動時に選択できるようになります(デュアルブートと言います)。

「それ以外」では難しい設定が必要です。自信がない方は「ディスクを削除してLinuxMintをインストール」がおすすめ。

参考記事(「それ以外」でインストールする場合)
>>Linux初心者のLinuxとWindowsのデュアルブート環境構築(その1)

Linux Mintの起動

  • 確認画面が出ます。「続ける」をクリック。
  • タイムゾーンの設定をします。Tokyoを選択。「続ける」をクリック。
  • 最後に個人情報を入力するとンストールを開始します。

20分ほどかかります。終わると自動で再起動します。

  • 「Please remove the installation medium, than press Enter」と出ます。USBメモリ(またはDVD)を外して、「Enter」を押せばOK。

LinuxMintの設定

ロック画面が表示されます。

設定したパスワードを入力しログインすると「Welcomeウィンドウ」が出ます。

System Snapshotsの設定

System Snapshots:保存したパソコンの状態に復元できるツールです。

  • System Snapshotsの設定をします。「Launch」をクリックしパスワードを入力。
  • 「Wizard」タブをクリック。
  • 「RSYNC」を選択し「Next」をクリック。
  • パソコン状態の保存場所を選択します。パソコン本体を選択すればOK。
  • データ保存頻度の設定。お好みでOK。

2つ以上データを保存するようにしましょう.

  • 「User Home Directories」の保存データの設定。すべて選択し次へ。
  • 「Finsh」で終了。

グラフィックボート(GPU)のドライバは、Driver Managerを使ってをインストールします。GPUがないなら必要なしです。

アップデートの確認

  • 右下のパネルに白い盾に水色の丸にiマークのアイコンがでてくるとアップデートがあることを示しています。アイコンをクリックしてUpdate Managerを開きます。
  • 「アップデートをインストール」をクリック。パスワードを入力します。
  • なくなるまで「アップデートをインストール」をクリック。

盾マークが「i」➔「✓」に変わればOK。

  • 「近くのサーバーに変更しますか?」と出たら変更してください。一番速いサーバを選択すればOK。
  • 「OK」をクリック。キャッシングの更新が終われば完了です。

外観の設定

  • 「Menu」クリックし「外観」を起動します。
  • 好きなテーマを選択しましょう。

デスクトップ上、右クリックで背景画像のツールを選択できます。

ブラウザの設定

FireFoxの検索エンジンはgoogleではないので変更します。

そのままでいいなら、何もしなくてOK。

Firefoxを使わない人も関係なしです。

  • 右上にあるメニューボタンから「設定」をクリック。
  • 検索タブ(虫眼鏡マーク)を選択。
  • 一番下にある「検索エンジンを追加する」をクリック。
  • また一番下にいって、googleのアイコンをクリック。
  • 再度、「設定」→「検索」タブに行き、「規定の検索エンジン」をgoogleに変更。
  • これで完了です。

Linux Mintを導入して低スペックパソコンを蘇らせよう

  • Linux Mint
    Linuxと呼ばれるOSのシリーズの一つ。無料でダウンロードでき、低スペックのパソコンでもサクサク動作する。Cinnamon、MATE、Xfceの3つのバージョンがある。パソコンを軽くするにはMATEかXfceを導入する。
  • Linux Mintのメリット
    動作が軽い、長期サポート、充実したソフト
  • Linux Mintのデメリット
    Microsoftオフィスが使えない、ターミナル操作
  • Linux Mintのダウンロード・インストール
    Linux Mintの公式ページからダウンロード。USBメモリかDVDが必要。

Linux Mintを導入すれば、低スペPCでもサクサク動作が可能。

パソコンが軽くなれば待ち時間もストレスも減りますよ。

というわけで、以上です。

ありがとうございました。

-Linux
-,

Copyright© Syouhei Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.